范冰冰(ファン・ビンビン)



華流映画一覧

New Release!
6月2日発売

葉問 〜イップ・マン〜


New Release! more


♪ 華流POPS ♪
金莎〜星月神話

  • C-POPS(中国雑貨アニー)

    中国雑誌
    中国銀幕 2011年5月号




  • 華流LINKS
  • 百度一下,你就知道
  • 奇芸(QIYI.COM)
  • 中国情報局
  • 中国国際放送局
  • アジ ア明星☆
  • 華流.net
  • 亞洲惑星 華流Special
  • チャイナベシ ネマ
  • 中国映画BLOG
  • ライブ台湾
  • 中国影視庫
  • Mtime時光網
  • Yesasia.com
  •   
    SPONSORED LINKS
    MOBILE
    qrcode




    RECOMMEND


    イップ・マン 葉問

    ブラック&ホワイト

    コネクテッド

    グリーン・ホーネット

    中国雑貨アニー ドラゴンCD鹿柴貿易 台湾セレクション 台湾小集


    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |  日本ブログ村!
    中国映画 《畫皮》 −Painted Skin−

    畫皮 −Painted Skin−
    製作: 2008年・中国映画
    監督: 陳嘉上(ゴードン・チャン)
    出演: 周迅(ジョウ・シュン)
         陳坤(チェン・クン)
         趙薇(ヴィッキー・チャオ)
         孫儷(スン・リー)
         甄子丹(ドニー・イェン) 他

    yesasia.com >> 畫皮 (香港版VCD)

    《ストーリー》
    中国清代に書かれた短編集「聊齋志異」の一編を映画化した作品で、 美しい娘に化けた妖怪と武将、そしてその妻が繰り広げる愛憎劇を描いたホラーファンタジー。
    戦国武将の王生(チェン・クン)は、戦場で小唯(ジョウ・シュン)という美しい娘を助ける。 彼女を自分の邸に連れ帰った王生は、妻の佩蓉(ヴィッキー・チャオ)を説得し、 小唯を自分の邸に住まわせることにする。しかし、小唯の本当の正体は...

    《感想&ネタバレ注意》 ★★★☆☆
    ジャンル的にはホラーですが、ほとんど怖くありません。 時々、グロテスクなシーンもありますが、食事中でなければ問題ありません。 ストーリーは、やや古典的。どちらかというと、キャスティング勝負?の作品という感じです。 ジョウシュン×ヴィッキー・チャオの中国2大女優に加えて、スン・リーも登場し、 そこそこのアクションを見せてくれます。

    | 中国映画 | 18:15 | comments(0) | - |  日本ブログ村!
    中国映画 《 色・戒 -LUST,CAUTION- 》

    色・戒 - LUST,CAUTION -
    製作: 2007年 中国・米国映画
    監督: 李安(アン・リー)
    出演: 梁朝偉(トニー・レオン)
         湯唯(タン・ウェイ)
         王力宏(ワン・リーホン)
         陳沖(ジョアン・チェン) 他




    《感想&ネタバレ注意》 ★★★☆☆
    日本占領下の上海、日本の傀儡政府の高官イー(トニー・レオン)と イーを暗殺する為、自分の美貌で彼を誘惑する抗日活動グループの ワン(タン・ウェイ)とのエロチカル?なラブストーリー。
    想像してたよりもかなりエロイ。イーとワンの強烈なセックスシーンの おかげで、ストーリ自体、あまり印象に残らなかったというのが正直な ところです。たぶん、私が今まで見た中国映画の中では、一番、露出度 の高い映画だと思います。ストーリーの終盤で、ワンが、"快走(早く逃げて)" と言った時のイーの変わり身の速さ、自分の命が狙われていることを知り、 大慌てで階段を駆け下り、ドラゴンロケット状態で車に飛び込んで逃げる シーンが、この映画の中で唯一ユーモアを感じたシーンでした。
    | 中国映画 | 18:12 | comments(1) | - |  日本ブログ村!
    中国映画 『心中有鬼』

    心中有鬼
    製作: 2006年 中国映画
    監督: 滕中華涛
    出演: 黎明(レオン・ライ)
         劉若英(レネ・リウ)
         范冰冰(ファン・ビンビン) 他





    《ストーリー》
    交通事故で、婚約者の徐曼麗(ファン・ビンビン)を失った沈君初(レオン・ライ)。 彼の母親は、ショックで内向的になった君初を何とか立ち直らせようと、 彼に長年片想いをしている三三(レネ・リウ)と君初を結婚させる。 ところが、それから、彼らの家では奇妙な声が聞こえたり、 不気味な影が現れるようになる...


    《感想》★★★☆☆  《恐怖度》★★★☆☆
    ホラー映画というより、ホラー仕立てのラブストーリー映画という感じです。 鬼(幽霊)役を演しているのは、今や中国No.1の美人女優とも言われている ファン・ビンビン、とにかく美しい。ビンビン迷の方には必見です。

    | 中国映画 | 16:06 | comments(0) | - |  日本ブログ村!
    中国映画 『夜。上海 〜夜の上海〜』

    夜。上海
    製作: 2006年 中国・日本合作映画
    英題: The Longest Night in Shanghai
    監督: 張一白(チャン・イーバイ)
    出演: 趙薇(ヴィッキー・チャオ)
         本木雅弘
         郭品超(ディラン・クォ)
         李燦森(サム・リー)
         竹中直人 他  


    《ストーリー》
    上海を舞台に、日本人ヘアスタイリストと地元の女性タクシードライバーとの 一夜を描いたロマンティック・ラブストーリー
    カリスマ的人気を誇るヘアスタイリストの水島直樹(本木正弘)は、音楽祭での 仕事のために上海へやって来た。同行している美帆は、彼のマネージャーであり 恋人でもあったが、二人の関係はすでに破局を迎えつつあった。 仕事の成功とは裏腹に、浮かない気分で夜の上海をあてもなくさまよっていた直樹に、 突然一台のタクシーがぶつかってきた。車を下りて謝ってきたのは 若い女性ドライバー(ヴィッキー・チャオ)だった...


    《感想》 ★★★★☆
    待ちにまったヴィッキー・チャオ主演の映画 『夜。上海』、なかなか良かったです。 久しぶりのヴィッキー・チャオの映画に、かなり期待感を膨らませていましたが、 それを裏切らない内容でした。 チャン・イーバイ監督と言えば、シュー・ジンレイ主演の『恋する地下鉄』を 思い浮かべますが、同じラブストーリーでも、こちらの方は、 ところどころ、コメディが折り込まれていて、多少軽いノリになってます。 正直なといころ、日本人俳優同士の臭いセリフと、竹中直人のブルース・リーネタは、 (もっと少)なくても良かったような気がします。

    | 中国映画 | 17:54 | comments(1) | - |  日本ブログ村!
    中国映画 『天下無賊 〜イノセント・ワールド〜』

    天下無賊 (邦題: イノセント・ワールド)
    製作: 2005年 中国映画
    監督: 馮小剛(フォン・シャオガン)
    出演: 劉徳華(アンディ・ラウ)
         劉若英(レネ・リウ)
         葛優(グオ・ヨウ)
         李冰冰(リー・ビンビン) 他
      受賞: 百花奨 (06年) 最優秀主演女優賞


    《ストーリー》
    詐欺やスリを生業とし各地を転々としているワン・ポー(アンディ・ラウ)と ワン・リー(レネ・リウ)。 彼らは互いに愛し合ってはいたが、リーはこんな生活に嫌気がさしていた。 二人は、成金から騙し取った車で、チベットへとたどり着くが、 そこで、リーは、チベットに出稼ぎに来ている純朴な若者と知り合う。 若者は、出稼ぎで貯めた6万元を懐に抱え、故郷に帰ろうとするが、 それに目をつけた窃盗団の頭領(グー・ヨウ)が、彼の持つ6万元を ターゲットに、若者と同じ列車へと乗り込む。 一方、ポーも、このお金に目をつけて、同じ列車へと乗り込むが、 リーは、これに反対し、若者を守ろうと彼と同行することになる。 そして疾走する列車の中、ポーとリー、窃盗団との三つ巴の攻防が 始まる...

    《感想・ネタバレ!》 ★★★★☆
    ひとことで言うと、ストーリー展開がおもしろい。 若者の持つ6万元を、奪っては、奪え返したりという窃盗団とリー、ポーの 攻防は、なかなか目が離せません。 最初は、ヨボヨボじいさんのフリをしていた窃盗団の頭領が、 最後には、ポーと対決し、彼の命を奪ってしまうというところも、 意外な展開でした。 ちなみに、フォン・シャオガン監督によると、 これまでの現代生活を背景にした喜劇映画から脱し、 国際的に通用する映画作りの最初の試みとなったのがこの作品とのことです。 これからも、フォン・シャオガン&グォ・ヨウの作品には注目したいと思います。

    | 中国映画 | 19:11 | comments(0) | - |  日本ブログ村!
    中国映画 《満城盡帯黄金甲》 王妃の紋章

    満城盡帯黄金甲 −王妃の紋章−
    製作: 2006年 中国映画
    監督: 張藝謀(チャン・イーモウ)
    出演: 周潤發(チョウ・ユンファ)
         鞏俐 (コン・リー)
         周杰倫(ジェイ・チョウ)
         劉[火華](リウ・イエ)
         李曼(リー・マン) 他
      受賞: 香港電影金像奨 (07年)最優秀主演女優賞


    《ストーリー》
    10世紀、唐朝末期の中国。皇帝(チョウ・ユンファ)との関係が冷え切っていた 皇后(コン・リー)は、皇帝の先妻との間に生まれた第1王子の元祥(リウ・イエ) と不倫の関係にあった。 それに気づいた皇帝は、皇后の病を癒す薬と称し、毒入りの薬を皇后に 与え続けることで、皇后を毒殺しようと企てる。 ある日、皇后は、この陰謀に気が付くが、皇帝の命令には逆らえず、 毒が入っていると知りながらも、それを飲み続けるしかなかった...


    《感想》 ★★★★☆
    "3億6千万元(約51億円)という、中国映画史上最大の製作費が投じられた作品" というだけあって、豪華キャスティングに加えて、まさに豪華絢爛と呼ぶに 相応しいセットと衣装には圧倒されました。見ていて目がチカチカする感じさえします。 加えて、皇后と宮女達のきわどい胸の露出、はたして、この時代ここまでの露出が ありだったのかと余計な疑問を感じましたが、いずれにしてもありがたいことです。
    いちばんの見所としては、終盤の戦闘シーン、銀色の甲冑に身を包んだジェイ・チョウが、 長ヤリをぶんまわしての大立ち回りは、見応え十分です。 蛇足になりますが、第一王子(リウ・イエ)と恋仲にあった女官役を演じていた 李曼、とってもピャオリャンです。次の作品が楽しみです。

    | 中国映画 | 21:07 | comments(1) | - |  日本ブログ村!
    中国映画 『大上海小愛情』

    大上海小愛情
    製作: 2006年 中国映画
    監督: 
    出演: 徐静蕾(シュー・ジンレイ)
         王学兵(ワン・シュエビン) 他





    《ストーリー》
    上海を舞台にした初恋ラブストーリー。
    上海のアパートに住む美容師の李拓(ワン・シュエビン)、 ある日、隣の部屋に一人の女性が引っ越して来た。 李拓は彼女の引越しを手伝いをしながら話をする内に、 彼女が中学の初恋の同級生・杜麥(シュー・ジンレイ)であることに気がつく。 李拓には、既に恋人がいて、杜麥も引っ越して間もなく婚約者ができるが、 それとは裏腹に、李拓と杜麥は、お互いに惹かれあっていく...

    《感想》 ★★★☆☆
    ストーリーは平凡、ハッピー・エンドのクライマックスも、いまいち盛り 上がりに欠ける。ある意味では、想定どおりの内容でした。 現代の中国の女性を等身大で演じているシュー・ジンレイには、そこそこ満足。 いずれせよ、シュー・ジンレイ迷には、必見の作品だと思います。

    | 中国映画 | 12:57 | comments(0) | - |  日本ブログ村!
    中国映画 『 茉莉花開 ジャスミンの花開く 』

    ジャスミンの花開く
    製作: 2006年 中国映画
    原題: 茉莉花開
    監督: 候咏(ホウ・ヨン)
    出演: 章子怡(チャン・ツィイー)
         陸毅(ル ー・イー)
         姜文(チアン・ウェン)
         劉[火華] (リウ・イエ)
         陳沖(ジョアン・チェン) 他


    《ストーリー》
    30年代・50年代・80年代の上海を舞台に、女優を夢みる可憐な少女・茉(モー)、 不妊症のため精神異常をきたしていく莉(リー)、 夫と別れ精神的な自立を目指す花(ホア)という3人の女性を、 チャン・ツィイーが情感豊かに演じた三部作。

    1930年代 - 茉の時代 小さな写真館を営む母(ジョアン・チェン)と二人暮らしの茉(チャン・ツィイー)は、 女優を夢みる18歳。ある日、彼女は映画会社社長の孟(チアン・ウェン)に気に入られ、 一夜にして女優になるチャンスを掴む。しかし、スターへの道を歩み始めた矢先、 茉は孟の子どもを身篭ってしまう。孟は彼女に堕胎手術を勧めるが、 茉はそれを拒否する...

    1950年代 - 莉の時代 美しい女性に成長した茉の娘・莉(チャン・ツィイー)。 彼女は労働階級の青年・偉(ル ー・イー)と恋に落ち結婚するが、 姑との関係に絶えられずに実家へ戻ってしまう。 莉を追って彼女の実家までやってきた偉は、 そこで彼女と彼女の母・茉とともに暮らすことに。 そんなある日、莉は医者から不妊症だと告げられる。 失意の底に沈んだ彼女を心配した偉は、養女・花を受け入れるのだが...

    1980年代 - 花の時代 莉の養女・花(チャン・ツィイー)は、地方の大学に進学が決まった 恋人の杜(リウ・イエ)を祖母の茉に紹介するが、交際を猛反対される。 それに反発して勝手に婚姻届を出した彼女だったが、杜について行くことが出来ず、 結局遠距離夫婦に。花は上海で内職をしながら、杜に会うのを楽しみに 待つ日々を過ごしていた。しかし、長期休暇になっても彼は帰ってこない...

    《感想》  ★★★★☆
    世代の異なる三人の女性を、チャン・ツィイーが一人三役で、演じ分けているのが この映画の見所だと思います。(さすが、アジアの宝石)
    三世代・三人の女性が、いずれも男に裏切られたり、見放されたりという ストーリー展開のせいもあり、終始、憂鬱な雰囲気がありますが、 チアン・ウェン/ル ー・イー/リウ・イエという豪華な男優陣もあってか、 それなりに見応えがあります・ ストーリー的には地味ですが、上海迷、章子怡迷の私にとっては 満足できた映画です。

    | 中国映画 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(1) |  日本ブログ村!
    中国映画 『 雲水謠 The Knot 』

    雲水謠 -The Knot-
    製作: 2006年 中国映画
    監督: 尹力
    出演: 徐若[王宣] (ビビアン・スー)
         陳坤 (チェン・クン)
         李冰冰(リー・ビンビン)
         梁洛施(イザベラ・リョン) 他




    《ストーリー》
    1940年代の台湾、家庭教師として王家に招かれた陳秋水(チェン・クン)は、 王家の娘・碧雲(ビビアン・スー)と恋に落ち、将来を誓い合う。 しかし、台湾情勢が悪化し、当局から左翼分子と見なされた秋水は、碧雲と離れて 大陸へと逃れることになる。やがて秋水は、軍医として朝鮮戦争へと赴くが、 朝鮮の激戦地の病院で、一人の看護婦・王金[女弟](リー・ビンビン)と知り合う。 その後、戦火はますます激しくなり、海峡を隔てた秋水と碧雲は互いに連絡を取り合う ことができなくなってしまう。秋水は幾度となく碧雲を捜し出そうとするが、 碧雲の消息はつかめず、絶望に陥る。 金[女弟]は、そんな秋水をひたむきに支え続け、自分の想いを秋水に伝える。 かたくなに、碧雲との愛を貫こうとする秋水だが、やがて、金[女弟]の純真な想いを 受け入れていく....


    《感想》  ★★★★☆
    古典的な雰囲気のラブストーリーですが、戦争によって引き裂かれる秋水と碧雲の 悲しく切ない想いが、ひっしと伝わってきました。まさに、純愛・純粋という言葉が相応しい。 また、秋水の心の中に碧雲という大きな存在があることを知りながらも、 自分の愛を貫き通した王金[女弟]にも、ある意味感動しました。 見応え十分のラブストーリーです。 ちなみに、日本でもおなじみのビビアン・スーですが、今は、女優、歌手、作詞家と 中華圏で大忙しのようです。(そろそろ日本に戻ってきてほしいです...)

    | 中国映画 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    中国映画 『夜宴 (邦題:女帝 エンペラー)』

    夜宴 -The Banquet- (邦題:女帝)
    製作: 2006年 中国映画
    監督: 馮小剛 (フォン・シャオガン)
    出演: 章子怡 (チャン・ツィイー)
         周迅 (ジョウ・シュン)
         葛優 (グォ・ヨウ)
         呉彦祖 (ダニエル・ウー)
         黄暁明 (ホァン・シャオミン)
    受賞: 金馬奨(2006) 最優秀美術賞 他


    《ストーリー》
    紀元前、越国の皇子・無鸞(ダニエル・ウー)は、幼なじみの婉(チャン・ツィイー) と愛し合っていたが、婉は皇帝である父に嫁ぎ皇后となってしまう。 悲しみに暮れた無鸞は、遠く離れた僻地で舞踏に明け暮れる日々を送っていた。 そんなある日、無鸞の元に父崩御の知らせが届く。 宮廷に戻った無鸞は、かねてから皇帝の座と美しい皇后・婉を狙って いた父の弟・リー帝(グォ・ヨウ)が父を殺害した犯人だと知る。 父への復讐と、婉への変わらぬ愛を心に誓う無鸞。 そして、無鸞の婚約者・青女(ジョウ・シュン)は、夜宴の舞台で、 無鸞への愛をかけた踊りを舞う...
    HP: 映画 『女帝[エンペラー]』 公式サイト


    《感想》  ★★★★☆
    まさに、豪華絢爛の中国超大作時代劇という印象。 豪華なキャスティングもさることながら、衣装、メイク、セット、どれもすばらしい。 私が観たのは中国語版DVDなので、分かりづらいところが多々ありましたが、 迫力は十分伝わってきました。
    特に、皇后役のチャン・ツィイーの迫力ある演技は必見!

    | 中国映画 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    | 1/3PAGES | >>