范冰冰(ファン・ビンビン)



華流映画一覧

New Release!
6月2日発売

葉問 〜イップ・マン〜


New Release! more


♪ 華流POPS ♪
金莎〜星月神話

  • C-POPS(中国雑貨アニー)

    中国雑誌
    中国銀幕 2011年5月号




  • 華流LINKS
  • 百度一下,你就知道
  • 奇芸(QIYI.COM)
  • 中国情報局
  • 中国国際放送局
  • アジ ア明星☆
  • 華流.net
  • 亞洲惑星 華流Special
  • チャイナベシ ネマ
  • 中国映画BLOG
  • ライブ台湾
  • 中国影視庫
  • Mtime時光網
  • Yesasia.com
  •   
    SPONSORED LINKS
    MOBILE
    qrcode




    RECOMMEND


    イップ・マン 葉問

    ブラック&ホワイト

    コネクテッド

    グリーン・ホーネット

    中国雑貨アニー ドラゴンCD鹿柴貿易 台湾セレクション 台湾小集


    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |  日本ブログ村!
    香港映画 『イザベラ 《伊莎貝拉》』

    伊莎貝拉
    製作: 2006年 香港映画
    監督: 彭浩翔(パン・ホーチョン)
    出演: 杜[シ文]澤 (チャップマン・トー)
         梁洛施 (イザベラ・リョン)
         黄秋生(アンソニー・ウォン)他

    受賞: 第11回香港金紫荊奨 最優秀新人賞(梁洛施)
         第56回ベルリン国際映画祭 最優秀音楽賞



    《ストーリー》
    1999年、中国返還目前のマカオ。ある日、タバコ密輸の疑いで定職処分中の 刑事・馬振成(チャップマン・トー)は、クラブにいた少女・張碧欣 (イザベラ・リョン)を自分の家に連れ込んで一夜を共にする。 ところが次の日、張碧欣の口から、自分は馬振成が16歳の時に付き合っていた 女の子・張麗華との間にできた娘であることを知らされる....


    《感想・ネタバレ!》  ★★★★☆
    イザベラ・リョンの作品を見るのはこれが初めてですが、期待以上に堪能できました。 個人的には、かなりおススメです。
    美しい少女・張碧欣が、厳つい顔をした中年男(しかも父親)の馬振成と 一夜を過ごしたというショッキングなセチュエーションから始まり、 その後しばらくは、妙にドキドキしながらこの映画を見ることになりました。 最初は、張碧欣を拒絶していた馬振成が、次第に彼女を受け入れるようになり、 二人が心を通わせていく様子は、見ていて引き込まれるようなところがありました。
    馬振成は、汚職の罪を償うため刑務所に入り、彼が出所するのを待ち続ける という張碧欣の姿で、この映画のエンディングを迎えますが、 この時の彼女の表情がとても印象的でした。

    | 香港映画 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    香港映画 『後備甜心 It Had To Be You』

    後備甜心 It Had To Be You
    製作: 2005年 香港映画
    監督: 
    出演: 鄭伊健 (イーキン・チェン)
         林嘉欣 (カリーナ・ラム)
         胡兵 (フー・ピン)
         曾志偉 (エリック・ツァン)
         陳文媛 (ボボ・チャン) 他


    《ストーリー》
    レストランを舞台にした、ラブコメディーです。
    レストランの支配人を務めるジル(カリーナ・ラム)は、 医者のチーオン(フー・ピン)と付き合っていた。 しかし、ハンサムな彼には他にたくさんのガールフレンドがいて、 ある日、とうとうふられてしまい彼女は意気消沈。 一方、同じレストランに勤めるシェフのジャック(イーキン・チェン)、 彼もまた長年付き合ってきたスチュワーデスの彼女がいたが、 ある日、自分が二股をかけられている事を知り、落ち込んでしまう。 そんな同じ境遇の二人だが、お互いなぐさめ合ううちに、次第に惹かれ 合っていく....


    《感想》  ★★★☆☆
    何のヒネリもない予想どおりの展開のラブコメでしたが、 何も考えずに気楽に映画を見たいという時にはちょうど良いかもしれません。 とくに、カリーナ・ラムがいろんな表情を見せて、楽しませてくれます。 とっても可愛いです!
    いずれにせよ、ラムちゃんファンにとっては、必見の作品です。

    | 香港映画 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    香港映画 『雨音にきみを想う 《摯愛》』

    雨音にきみを想う
    製作: 2005年 香港
    原題: 摯愛
    監督: ジョー・マ
    出演: 薛凱 (フィオナ・シッ)
         郭品超 (ディラン・クォ)
         張國強 (チャン・クォッカン) 他

    公式HP: http://www.amakimi.com/


    《ストーリー》
    フィオナ・シッ×ディラン・クォ主演の純愛ラブストーリーです。
    遺伝性の難病で半身不随となった兄と、その娘の世話をしながら暮らしている 永然(フィオナ・シッ)。その生活は、永然が細々と続ける内職だけが頼りだが、 そんな苦労にもめげず、三人は支えあって生きていた。
    そんなある日、泥棒を生業とする卓勤(ディラン・クォ)が、 偶然に、永然たちと知り合うことになる。 これまで家族の情に触れたことのない卓勤は、貧しくても温かいこの家族に 心を動かされ、永然とその家族を守ろうと決心する。 やがて、永然と卓勤は、互いに愛し合うようになるが、卓勤が泥棒稼業から 足を洗うのは容易なことではなかった。 そして、永然が苦しい生活に行き詰まりを感じるようになる中、 難病に侵された兄も次第に生きる望みを失っていく。
    そして、愛する人を守るために、最後に卓勤がとった行動とは....


    《感想》  ★★★★☆
    愛情、挫折感、悲しみといった感情が、見てる人に素直に伝わってくる とてもいい映画だと思います。ディラン・クォとフィオナ・シッの二人も、 かなりいい雰囲気を出しています。 最後のシーンで、卓勤(ディラン・クォ)が、"あんな行動"に出た理由を 知ることになりますが、ここでグッと込み上げてしまいます。

    | 香港映画 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    香港映画 『蝴蝶 Butterfly』

    蝴蝶 Butterfly
    製作: 2004年 香港
    監督: 麥婉欣(ヤンヤン・マク)
    出演: 何超儀(ジョシー・ホー)
         田原(ティエン・ユエン)
         葛民輝(エリック・コット)
         麥婉欣(ヤンヤン・マク) 他

    受賞: 香港電影金像奨(05年) 最優秀新人賞(田原)


    《ストーリー》
    台湾の女流作家・家陳による短編小説を原作に、女性の同性愛を美しい映像で 官能的に描いた作品。
    高校教師のフラヴィア(ジョシー・ホー)は、夫のミン(エリック・コット)と 子供と三人で、平穏な生活を送っていた。 ある日、スーパーで買い物をしていた彼女は、イップ(ティエン・ユエン) という少女と偶然知り合う。 イップとの出会いは、フラヴィアが長い間心の奥にしまっていた感情を呼び 起こす事となり、やがて二人は....

    《感想・ネタバレ》  ★★★★☆
    一言で言うと、女性の同性愛をテーマにした映画です。
    見る前からなんとなく想像していましたが、想像以上に官能的な内容でした。 フラヴィアの同性愛の相手役を演じたのは中国大陸の歌手で、 この映画が初出演のティエン・ユエン、出演当時は若干18歳と知ってびっくりです。 今後、注目していきたい女優さんの一人です。 ちなみに、本業は歌手ですが、この映画の中でもギター片手に歌を披露 してくれています。

    | 香港映画 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    『ハリウッド★ホンコン』 仏・香・日合作映画

    ハリウッド★ホンコン   原題: 香港有個荷里活
    製作: 2001年 フランス/香港/日本
    監督: 陳果 (フルーツ・チャン)
    出演: 周迅 (ジョウ・シュン)
         陳英明 (グレン・チン)
         黄又南 (ウォン・ユーナン)
         何世文 (ホウ・サイマン) 他
    受賞: 金馬獎(02年) 最優秀監督賞(フルーツ・チャン)、
                  プロダクション・デザイン賞、音響賞



    《ストーリー》
    低所得者層が集中する香港最後の下町“ダイホム・ビレンジ”、 そこは、国の再開発計画により近く取り壊しの運命にあった。 ここで焼豚屋を営むチュウ一家は男ばかりの三人家族。 ある日、この店にトントンと名乗る上海娘(ジョウ・シュン)が現われる。 店番をしていた末っ子の小学生タイニーは、この上海からやって来た きれいな女の子を憧れの目で見るようになる。 すぐ隣のハリウッド地区にある高級マンションに住むトントンは、 たびたび店を訪れるようになり、いつしか、タイニーばかりか兄のミン、 そして父チュウの心をも虜にするようになるのだったが.....

    《感想・ネタバレ!》  ★★★☆☆
    香港の下町の庶民的な匂いがそのまま伝わってくるような感じの映画でした。 結局、上海娘のトントンは、ヤクザの片棒を担いで売春まがいの ことをするというダーティーな役回りですが、 デブ兄ちゃんとの汗だくのセックスシーンは、思わず早送りをしたくなる感じです。 また、ところどころに、グロいシーンもあり、 個人的には、好みの映画とは言えません。

    | 香港映画 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    香港映画 『男人四十 (July Rhapsody)』

    男人四十 (July Rhapsody)
    製作: 2001年香港
    監督: 許鞍華(アン・ホイ)
    出演: 張學友(ジャッキー・チョン)
         梅艶芳(アニタ・ムイ)
         林嘉欣(カリーナ・ラム) 他
    受賞: 第21回香港電影金像奨
         最優秀助演女優賞(林嘉欣)
         最優秀新人賞(林嘉欣)、最優秀脚本賞


    《ストーリー》
    夫婦の愛、親子の愛、そして教師と生徒との禁断の恋をうまく絡めたような ラブストーリーです。
    林耀國(ジャッキー・チュン)は、40歳間近の高校の国語教師。 彼には、中学の同級生で早くに結婚した妻の文靖(アニタ・ムイ)と、 二人の子供があり、平穏な生活を送っていた。 ある日、突然彼らの前に、中学時代の共通の恩師が現れたことで、彼らの生活に 不協和音が生じてきます。かつて、この三人の間には何があったのか....
    一方で、林耀國の教え子であり彼に想いを寄せる女子生徒の彩藍(カリーナ・ラム)が、 積極的に彼に近づいていき、無視できない存在となっていきます....


    《感想》  ★★★★☆
    序盤の展開を見て、最初は単なる学校の先生と女子生徒との"禁じられた遊び"の お話かと思いましたが、実はそうでもなく、林耀國と文靖の中学生時代の 共通の恩師との物語が、この映画のメインストーリーになっていて、 これに、先生と生徒の禁じられた恋の話をうまく重ねているような感じです。 これに気がついた時に、この映画は"当たり"だという気がしました。
    個人的には、女子高生役のカリーナ・ラムに、視線が集中しがちになりました。 彼女は、先生を誘惑する小悪魔的な雰囲気の女子高生を演じていますが、 あんな感じで迫ってこられたら落ちない先生は、まずいないと思います。
    | 香港映画 | 13:12 | comments(1) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    香港映画 『早熟〜2young〜』

    早熟 〜2young〜
    製作: 2005年 香港映画
    監督: 爾冬隆(デレク・イー)
    出演: 薛凱[王其](フィオナ・シッ)
         房祖明(ジェイシー・チャン)
         黄秋生(アンソニー・ ウォン)
         曾志偉(エリック・ツァン)
         毛舜[竹/均] (テレサ・モウ) 他
    金像奨(2006) 最優秀助演女優賞(テレサ・モウ)


    《ストーリー》
    裕福とは言えないが暖かい家庭で育ったカーフー(ジェイシー・チャン)と、 弁護士である厳しい父の下で優等生として育ったヨックナム(フィオナ・シッ)。 学校のパーティーで知り合った彼らはすぐに恋に落ちるが、 付き合って間もなく、ヨックナムが妊娠してしまう。 高校生の彼らにはどうすることもできず、 カーフーの両親(エリック・ツァン/テレサ・モウ)に打ち明けることに。 カーフーの両親はヨックナムの父(アンソニー・ ウォン)に相談を持ちかけるが、 それを聞いたヨックナムの父は激怒する。 仕方なく、カーフーとヨックナムは駆け落ちし、とある村落の廃屋で生活を はじめるが...


    《感想》  ★★★☆☆
    想像どおりのきわめて古典的なストーリーでしたが、長い間この手の映画を見て いなかったせいか、かえって新鮮な感じを受けた気がします。 男の子の父親役をエリック・ツァン、女の子の父親役をアンソニー・ウォンという、 それぞれ香港の大物ベテラン俳優が演じており、こちらの方も結構"いい味"を 出しているように思いました。

    | 香港映画 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    『BLACK NIGHT』 日・香・タイ合作映画

    BLACK NIGHT ブラックナイト

    BLACK NIGHT  10.28 DVD New Release!

    製作: 2006年日本・香港・タイ合作映画
    監督: パトリック・レオン/秋山貴彦/タニット・チッタヌクン
    出演: アニー・リウディラン・クォ/瀬戸朝香 他
    | 香港映画 | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    香港映画 『姉御 〈阿嫂〉』
    2005年の香港映画 『ベルベット・レイン〈江湖〉』 で鮮烈なメジャーデビュー を飾ったウォン・ジンポー監督の2作目となる映画です。

    <あらすじ>
    香港の裏社会組織を牛耳る百徳(エリック・ツァン)。その部下の阿九は、 敵対する兄弟を殺害するが、阿九一家は、復讐心に燃える未亡人の 洛華(カリーナ・ラム)に よって殺されてしまう。阿九は息を引き取る直前に、 生き残った幼い一人娘・フィービーを百徳に託す。 そして18年後、フィービー( アニー・リウ)は純真な美しい女性に成長し、留学先のアメリカから帰国する。 百徳は組織を引退して、彼女と共に海外で余生を過ごそうと決意するが、 その矢先に、百徳が何者かに狙撃されて命を落とす。一人残された娘のフィービーは、 百徳の遺言により、組織を担うことになってしまうが.....


    この映画、香港ノワール系の映画でありながら、どことなくメルヘンチックな 雰囲気が盛り込まれています。メイキング映像の中で、ウォン・ジンポー監督が、 "この映画は、「狼の群れに放り込まれたウサギ」をイメージした"と語っていましたが、 アニー・リウが見事にその「ウサギ」役を演じていたように思います。 純真な心をもったフィービー(アニー・リウ)が、周辺の「狼」たちの心を微妙に 動かしていくところが、なんとも痛々しい感じさえしました。 でも、ラストシーンがあまりにもかわいそう...思わず、ウルってしまいました。
    ちなみに、アニー・リウは、4000人の候補者の中からこの映画のヒロインに大抜擢され、 2006年の香港金像奨新人賞にノミネートされています。今後も注目したいです。

     姉御〜ANEGO〜
    姉御〈阿嫂〉
    製作: 2006年香港映画
    監督: ウォン・ジンポー
    出演: カリーナ・ラムアニー・リウ/エリック・ツァン/
         アンソニー・ウォン/リウ・イエ 他
    満足度 ★★★★☆

    ↓ Blog Ranking !  Please your One-'Pochi' ↓
    | 香港映画 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    『BLACK NIGHT ブラックナイト』 香港ホラー映画
    香港、日本、タイの各スタッフチームが製作したオムニバスホラー映画です。

    第1部は、香港の「隣人(鬼鄰)」
    台湾から香港へやってきたイーチェン(アニー・リウ)は、歌手になる夢を叶えるため、 恋人のジョー(ディラン・クオ)を香港に残し台湾へと帰った。だが、夢なかばで挫折し、やがてジョーのもとへと戻ってくるが、ジョーの様子が何かおかしい。 彼の部屋の隣には大陸出身のホウシー(レース・ウォン)という女の子が住んでいて、 イーチェンが台湾へ戻った後、二人は親密な関係になっていた。 ジョーと隣人ホウシーとの関係を知ったイーチェンは、彼女の部屋に乗り込むが、 そこで驚愕の光景を目の当たりにすることになる.....
    監督: パトリック・レオン
    出演: ディラン・クォアニー・リウ/レース・ウォン 他

    第2部は、日本の「闇(凶洞)」
    黄色い服を着た少年の悪夢に悩まされる由紀。やがて、その少年が現実の世界にも現れはじめ、恐怖を覚えた彼女は、婚約者の薦めで精神科医にへ通い始める。そして悪夢の原因が、少女時代に起きた母親と同級生の水死事件に関係があることが分かっていく。 さらに、彼女の飼っていた謎の生物の存在も明らかになっていく.....
    監督: 秋山貴彦
    出演: 瀬戸朝香/柏原崇/田口トモロヲ 他

    第3部は、タイの「記憶(亡記)」
    プランは、いつも誰かに監視されているような恐怖に襲われており、夜も睡眠薬が欠かせない。そんなある日、彼女に見知らぬ女性からの手紙が届き、プランは、差出人の プラウという女性を訪ねることに。そしてあるマンションに辿り着いた彼女は、 プラウが前日に死亡したと聞かされる.....
    監督: タニット・チッタヌクン
    出演: ピッチャナー・サクサゴーン/カチョンサック・ラッタナニサイ/ナチャ・ブトスリ 他


    個人的には、アニー・リウの作品を見るのが目的だったので、とりあえず満足です。 正直言って、ホラー映画としての恐怖レベルは、それほどでもなく、ストーリー的にも 可もなく不可もなくという感じでしたが、3種類の味が楽しめたということで まずまずかなというところです。

    BLACK NIGHT ブラックナイト
    BLACK NIGHT ブラックナイト
    製作: 2006年香港・日本・タイ合作映画
    監督: パトリック・レオン/秋山貴彦/タニット・チッタヌクン

    満足度 ★★★☆☆

    ↓ Blog Ranking !  Please your One-'Pochi' ↓
    | 香港映画 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) |  日本ブログ村!
    << | 2/5PAGES | >>